印刷会社情報館

料金と納品期間のバランス

同人誌印刷の料金

趣味で同人誌の印刷を印刷会社に行われる方が多いようですが、少部数、個人で本を出版する場合、特に重要なのが料金です。料金が高すぎれば出版自体が不可能になりますし、料金が安くても納品までの期間が長すぎれば、それではイベント等に間に合いません。同人誌の印刷は、料金と納品期間のバランスをよく考えて業者を選ばれることをおすすめしましょう。

料金は安くなる?

同人誌の印刷は、実は納品日までの期間によって変わってくる場合があることをご存知でしょうか?例えば、基準となる納品日より早く原稿を入稿すれば、定価の30%オフ、逆に基準日よりも遅れて出したとしても、割増料金を払うことで希望日までに同人誌の印刷を行ってくれる所もあるようです。時間が無い方や、逆に同人誌の印刷までに時間の余裕がある方にとって、こういったサービスは人気があるようです。

同人誌の印刷は、個人出版の第一歩

同人誌の印刷は、個人で書籍を出す第一歩です。通常、出版社から自分の本を出すためには、様々な賞などに応募して、それが編集者の目に止まらなければいけません。また、自費出版を専門にしている出版社もありますが、かなり高額で、中々手がでないという事も多いようです。しかし、自分で同人誌を作るなら、敷居も低く、費用も抑えることができるので多くの方に出版のチャンスが訪れます。もちろん、販売できる場は限られていますし、様々な事を自分でやらなければ行けない大変さもありますが、それだけに形になった同人誌を見るのは、とても充実感があると思います。印刷会社を利用するのが会社の書類や資料だけ、という方も、もし少しでも同人誌に興味が有るのなら、自分の好きな分野で本を作ってみるのも、とてもおもしろいことかもしれません。